風俗嬢と四十八手

すべてデリヘルのおかげだと思っています

これだけ楽しい風俗生活を送れているのも、すべてはデリヘルのおかげかなって思っています。それまで、自分は風俗をあまり活用出来なかったんですよ。好きなのは言うまでもないんですけど、ただ時間的な問題ですよね。残業すると、あまり近くに風俗店がある訳じゃないので、移動の時間だとかを考えると難しかったんです。終電におびえながら風俗で遊ぶのも嫌じゃないですか(苦笑)だから風俗で遊ぼうって思ったら、結局休日しか選択肢がなかったんですよね。他に何かやることがある訳じゃないのでそれはそれで別にいいんですけど、ただ時間を有効活用したいって時にはちょっと勿体ないなって思うことがあったのも事実です。でもデリヘルで遊ぶようになってからは、そういったことを考える必要もなくなってきたので、本当にありがたいです。気楽に遊べるようになったのもデリヘルのシステムあればこそなので、デリヘルのおかげでいろいろなことが変わったんですよね。

話を聞いていると燃えてくるんです

会社の同僚が結構風俗が好きなんです。何人かいるので、その手の話をすることも珍しくないんですけど、そう行った話をしていると、自分もつい風俗に行きたい気持ちになっていくんですよね。話をしていると興奮して風俗に行きたくなる。まさに男としての本能そのものかなって思うんですけど、風俗に行くと大きなメリットもあるんです。それは、男として我慢する必要がないって点ですね。日常生活の中ではいろいろなことを我慢させられているんです。だから妥協しなければならなかったり、時には歯を食いしばって我慢しなければならないこともあるじゃないですか。でも風俗ではそういったことは一切ないんです。自分の好きなように、自分が思ったように楽しめばそれでいいんです。それが風俗の魅力だと思うので、風俗での時間だけは、あれこれ気を使うのではなく、自分の過ごしたいように女の子との時間を楽しむのが丁度良いんじゃないかなって思っているんです。