風俗嬢と四十八手

競泳水着プレイって凄いですね

この前の風俗ではちょっとしたコスプレを楽しんだんです。それは水着です。水着といってもいろいろなバリエーションがあると思うんです。特に風俗だとスクール水着の需要が大きいんじゃないかなって思うんですけど、自分が選んだのは競泳水着です。競泳水着という選択肢があるって気付いた時、言われてみると競泳水着にはあまりエロスを感じないというか、そもそも普段そんなに意識するようなことがないですよね。だからこそ、楽しいかもって思ったんですよね。それで競泳水着でのプレイをしてみたんですけど、やっぱり刺激的でした。普通の水着と比べたらやっぱり露出は少ないですけど、それが逆にそそられる部分になったんですよね。だって普通に考えたら競泳水着の女の子とそういったことをするっていうシチュエーションそのものが有り得ないじゃないですか。それこそAVか風俗かって話ですよね(笑)でもAVは見ているだけなんです。風俗ではそんな女の子とのプレイまで楽しめちゃうんです。

こだわりはなくても楽しめる

こだわりを持っていた方が風俗での楽しさが倍増するとは思うんですよ。フェチを持って、自分の好みに見合った風俗嬢と遊ぶ。それがとっても楽しいものだってことはよく分かるんですけど、でもそれだけじゃないのもまた、一つの事実ではあるんじゃないかなって思うんですよ。自分もそうなんですけど、風俗に対してそこまでのこだわりは持っていないんです。別に無ければ無いで楽しいですし、その方が幅広い女の子と遊べるんじゃないかなって気持ちもあるんですよ。だからこそ、風俗では自分なりにいろいろなことを楽しめればよいのかなって気持ちは持っています。その方が実際問題、風俗の楽しみ方のバリエーションは豊富何じゃないかなって気持ちもあるんですよね。自分なりにいろいろな気持ちで向き合えるだけに、風俗では自分の好きなようにいろいろなことを楽しみつつ、毎回のように楽しんでいます。こだわりがないんじゃなく、何もかも楽しむ。それがこだわりなんです。