風俗嬢と四十八手

感動は大きい。実感しました

好みの風俗嬢と長時間楽しめば、感動は比例するかのように大きなものになるんじゃないかなって思いますけどね。何となく風俗嬢を選ぶだけじゃなくて、自分なりに調べて、そしてどうするのかって所まで突き詰めていくと、相手への感情移入の度合いが違うことに気付いてきたんです。いわば気持ちの面でも受け身になってしまうのではなくて、自分自身でどうすべきなのかってことを考えて、主体的に楽しむ。それが出来るようになってきたのが大きいんじゃないかなって思うんですよね。それだけに、風俗は感動するためにも、ちゃんと相手のことを調べることが大切なんだなってことに気付かされたんですよね。これってちょっとしたことなのかもしれないんですけど、自分にとっては結構重要なことでもあるんじゃないかなって思うようになったんです。結局、発射は出来るんです。発射することじゃなく、発射の質にまでこだわったらそこが大切じゃないかなって思うんですよね。

こだわりはなくても楽しめる

こだわりを持っていた方が風俗での楽しさが倍増するとは思うんですよ。フェチを持って、自分の好みに見合った風俗嬢と遊ぶ。それがとっても楽しいものだってことはよく分かるんですけど、でもそれだけじゃないのもまた、一つの事実ではあるんじゃないかなって思うんですよ。自分もそうなんですけど、風俗に対してそこまでのこだわりは持っていないんです。別に無ければ無いで楽しいですし、その方が幅広い女の子と遊べるんじゃないかなって気持ちもあるんですよ。だからこそ、風俗では自分なりにいろいろなことを楽しめればよいのかなって気持ちは持っています。その方が実際問題、風俗の楽しみ方のバリエーションは豊富何じゃないかなって気持ちもあるんですよね。自分なりにいろいろな気持ちで向き合えるだけに、風俗では自分の好きなようにいろいろなことを楽しみつつ、毎回のように楽しんでいます。こだわりがないんじゃなく、何もかも楽しむ。それがこだわりなんです。