風俗嬢と四十八手

熱戦を川崎のソープで繰り広げました

前回利用した川崎のソープでは、これまでの風俗史上最も燃えた一戦を繰り広げました。
どのくらい激しかったかといえば、途中で汗が滴りましたからね(笑)まさかそこまで自分が燃えるとは思っていませんでした。
川崎で遊ぶソープは楽しいと思っていますけど、あそこまで無意識のうちに燃えることになるとは思っていなかったんですよ。でも、こっちも汗をかいているのも気にしないというか、むしろそれも彼女が笑って許してくれたんですよ。「汗も気にしないでね」って。それを聞いたら胸がキュンとしましたね。恋人同士みたいじゃないですか。そういった包容力を見せてもらえるとは思っていなかったので、予想外の優しさに自分も燃えました。
あのとき感じたのは興奮というよりも、愛情に近い感覚なのかもしれません。その気持ちのおかげで、自分の中でいろいろな気持ちになりましたし、こうして相手に感情移入することによって、ソープでの快感は普段以上のものになるってことにも気付かされたので、自分の中でとっても貴重な時間になりました。

ソープの感動は大きいと実感しました

行きつけの川崎のソープで好みのソープ嬢と長時間楽しめば、感動は比例するかのように大きなものになるんじゃないかなって思いますけどね。ただ何となくソープ嬢を選ぶだけじゃなくて、自分なりに調べて、そしてどうするのかって所まで突き詰めていくと、相手への感情移入の度合いが違うことに気付いてきたんです。
いわば気持ちの面でも受け身になってしまうのではなくて、自分自身でどうすべきなのかってことを考えて、主体的に楽しむ。それが出来るようになってきたのが大きいんじゃないかなって思うんですよね。それだけにソープは感動するためにも、ちゃんと相手のことを調べることが大切なんだなってことに気付かされたんですよね。これってちょっとしたことなのかもしれないんですけど、自分にとっては結構重要なことでもあるんじゃないかなって思うようになったんです。
結局ソープで発射や色んなことが出来るんです。ただプレイをこなすことじゃなく、プレイの質にまでこだわったらそこが大切じゃないかなって思うんですよね。